//
//

赤外線建物外壁診断

ロケーションズの赤外線建物診断

赤外線建物外壁診断

定期報告制度が改訂されました!

平成20年4月1日より定期報告の法律が改正され、定期報告が適切に行われていなかったことが原因と思われる昇降機や外壁落下事故が多発していることから、「定期報告制度」が見直されました。
これにより報告を怠ると100万円以下の罰金を取られる場合も考えられますので、建物所有するオーナーは早期に対処を検討する必要があります。

定期報告制度の改訂ポイント
ビル・マンションを新築・外壁改修してから10年経つと…外壁診断が義務化します!

従来の方法は外壁全面打診

専門技術者が打診棒を用いて行います。足場の仮設やゴンドラ作業などが発生する場合があり、高額な費用や長期の調査作業が必要となります。

全面打診は大掛かりだしコストがかかる…経済的で信頼出来る方法を教えて欲しい!

ロケーションズの赤外線診断システムにお任せ下さい!

赤外線診断システムは、赤外線サーモグラフィから得る温度分布データを解析することにより、目視ではわかりづらい建築物の浮き、雨漏りなどを非破壊にて確認することが出来ます。
また、赤外線装置法で定期的に診断・撮影することで外壁のカルテ(履歴)となり、重複工事の防止や修繕計画書の作成に役立ちます。

赤外線調査例「タイルの浮き」
可視画像
赤外線画像

従来から使用されてきた全面打診診断と比較すると、高額な費用や長期の調査作業は不要です。
少人数短期間、安全かつ大幅にコスト削減が可能です。

赤外線診断と全面打診コスト比較と影響
赤外線診断のメリット
  • ①低コスト 仮設設備が不要、打診結果の集計などの手作業が無い為、少人数での調査になります。外壁全面打診に比べ安価に調査可能です。
  • ②短期間 基本的に足場等の仮設設備の設置・解体・撤収が不要です。撮影作業のみですので短期間で調査が行えます。
  • ③安全 外壁全面打診は足場作業によるリスクが発生します(事故・保険等)。赤外線診断は地上または床面からの撮影により危険性が軽減されます。
  • ④高精度 調査のプロである赤外線建物診断技能師が診断致します。また、世界トップクラスのサーモグラフィカメラを使用して調査を行います。撮影画像の加工などデジタル処理を施す為、高い精度で記録が可能です。
無料カンタお見積もり無料カンタお見積もり
私たちが粉骨砕身頑張ります。福岡県内&福岡市近郊での不動産について、お気軽にご相談・お問い合わせください。
0120-4696-28
9:00 - 19:00
PAGE TOP